30代未経験でITエンジニアに転職したい人の現実【関西に特化して解説】

30代未経験でITエンジニアに転職したい人の現実【関西に特化して解説】job-change
「30代未経験でも
ITエンジニアになれるのかな?」

「ITエンジニアに転職して
スキルを身につけたい!!」
最近ITエンジニアの需要が増えていることから
スキルをつけて転職したいという人の声をたくさん聴くようになりました。


たしかにプログラミングスキルを身につければ
これからの時代どんな場所でも仕事ができるようになります。
特にリモートワークが増えてくる事が予想されることもあって
自宅でも海外でもパソコン一つあれば仕事が出来る環境は魅力的です。


20代であれば未経験であっても、どこでも就職できる可能性はありますが
30代となるとどうなの?と疑問を感じている人も少なくないと思います。


本記事では30代未経験でITエンジニアに転職したい人の現実について
関西に特化して解説していきたいと思います。


ちなみにこの記事を書いている僕はITエンジニアではありません。

フリーランスとして活動している中で、
時代の流れや自分の仕事に活かせる可能性があると思い
一時本気でITエンジニアへの転職をする為に活動していた時期があります。

なので、そのへんにあるただ単にポジティブな記事より
信憑性が高い情報をお届けできると思います。

30代未経験でITエンジニアに転職したい人の現実【関西に特化して解説】

「30代未経験でITエンジニアにになるのには覚悟が必要です」


実際、未経験というだけで30代の転職は一気に難易度が上がるのは
皆さんご存知だと思います。


転職サイトと見ても
キャリア形成の為、29歳までの若年層に限るというような文言はよく目にします。

年齢経歴問わずというのは数が少なく
次が32歳、35歳、39歳といった年齢で
ハードルが一つずつ上がっていくイメージです。


これは残酷ではありますが
まず最初に「現実」として受け止めなければならないでしょう。

30代になると転職が難しくなる理由

30代になると転職が難しくなる理由
「30代は常識と人柄、スキルの全てを要求されます」


新卒と違って今までの経験を重視される転職だからこそ
「未経験」という重りが足を引っ張ります。
常識と人柄が完璧でも「スキル」という一番重要な部分が抜けてしまうからです。


その他にも転職が難しくなる要因について
下記にまとめてみました。

◆エンジニア職は若い人が多い

「エンジニアという仕事は他の業界とは違い特殊です」


「子供のころからプログラミングに触れていた」
「自分でシステムを作ったり、デジタルの環境に触れながら育ってきた」

そんなコンピューターが得意な人達が集まっている事もあり
若いからスキルが無いなんて事はありません。


20代で未経験だったとしても吸収力が高かったり
スマホやパソコンなどに触れながら育ってきた世代だと
そもそも抵抗感もあまりありません。


そんな中、30代の年上が入ってくる事によって
上司が20代の年下になる事は珍しくありません。


年下の上司からすると命令しにくく、仕事がやりにくいといった問題は
多かれ少なかれ必ず出てきます。

コミュニケーションが上手く出来ないと
それだけで納期が遅れたり、ストレスが溜まったり
仕事に支障が出る可能性がある為、30代は敬遠されやすいのが現状です。

◆企業はリスクを最優先に考える

「プログラミングはハードルが高く諦める確率が高い」


転職サイトに登録しているという事は
企業はそれだけコストをかけて人を採用しているという事。


実際プログラミングスクールに通わずに
まったくの未経験で独学、すこしプログラミングをかじった程度だと
実際に仕事をした時に覚える事が多すぎたり
業務についていく事が出来ずにやめてしまう確率も高くなります。


それは年齢が高ければ高いほど、途中で断念する確率も上がる為
30代で未経験というのは企業にとってリスクでしかありません。


であれば、少しでも若く柔軟性がある20代の方が
同じ未経験だったとしたら、そっちの方を選ぶのは必然です。

関西でのITエンジニア転職はかなり厳しい

関西でのITエンジニア転職はかなり厳しい
「関西での転職は狭き門」


これは転職サイトに登録して、実際にエージェントの方と話して
初めて知ったのですが
ITエンジニアの求人の7~8割は関東に集中しているそうです。

だから、関西での求人は少なく倍率がかなり上がると思ってください。

プログラミングスクールに通ってスキルを身につけた人で
ようやく企業が話を聴いてくれるスタートラインに立つことができます。
それでも20社にエントリーして1社、2社くらいしか話を聴いてくれません。


「じゃあ、未経験で面接が出来る確率は?」

ほぼ 0 に近いという事です。


僕もかなりの数にエントリーしましたが
その中で話を聴いてくれた会社は1社。


そこでは、僕がフリーランスでの活動をやめて屋号を無くすのであれば
採用してくれるとの事だったのですが、現状いろんな契約がある分
それは難しく泣く泣く断念しました…


逆に関西というフィールドに固執しなければ
チャンスはかなり広がるのも事実です。

【結論】30代未経験からITエンジニアには転職できるけど確率は低い

【結論】30代未経験からITエンジニアには転職できるけど確率は低い
結論から言うと題名の通り転職できる可能性は
低いと思っていた方がいいと思います。

ただ、多くの情報収集をした結果
下記の方法であれば30代未経験でも
ITエンジニアになれる可能性は確実に上がります。


・プログラミングスクールに通う

   ↓

・プログラミングスクールで得た知識でポートフォリオ作成

   ↓

・クラウドソーシングで実績をつくりながらスキルアップ

   ↓

・ITエンジニアに特化した転職サイトを利用

   ↓

・関西だけでなく関東も視野にいれて転職活動

   ↓

・作成したポートフォリオと実績を武器に面接


この方法が1番現実的に30代でも転職できる方法だと言えます。

最初のハードルさえ超えれば明るい未来が待っている

最初のハードルさえ超えれば明るい未来が待っている
最終的にこの記事でお伝えしたいことは
転職を諦めさせる為に厳しい話をしているのではなくて
それだけの条件と覚悟が必要だという事を知ってもらいたいと思っています。

僕自身、この情報まで辿り着くのにかなりの時間を費やしました。
その時間は無駄だったのかというとそうではないのですが
こんな記事を早く見つけていたら、効率的に方向転換できたなと…。


なにを優先するかは自分次第です。
当然、未来への投資となるので一時的にお金は減りますが
おそらく市場的に1年くらいあれば回収できるでしょう。


IT業界はこれからの時代最も伸びていく業界であることは間違いありません。

「今の仕事に不満、不安を感じている。」
「将来性が見えない」
「40代になってから職を失いたくない」

そう考えるのであれば、本気で投資する価値は
十分過ぎるくらいあると思います。


実際にこれから2030年には79万人ITエンジニアが不足するというデータや
フリーランスエンジニアであれば年収はすでに平均で800万円を
越えているというデータもあります。

政府が教育にプログラミングを必須科目にした背景からも
その業界に力を入れている事が分かります。

だからこそ、本気で動くのであれば今しかない事は断言できます。
これから競争率は激化していくのは目に見えていますから。


もし、それでも不安だ…
悩みを聴いて欲しいという人は、僕のツイッターをフォローしていただき
ダイレクトメールを送ってもらえればいつでも相談に乗ります。
冒頭でも説明しましたが、エンジニアではないので
今後のフリーランスとしての働き方についてなら
いろいろお話しできると思います。
熊内孝之の作品購入をお考えの方はこちら

かわいくて飾りやすい縁起の良いアートパネルを期間限定で無料プレゼントします。

・アートの効果:免疫力アップ、創造力アップ、運気アップ、精神力アップ、仕事力アップ…etc

アートにはさまざまな効果がある事をご存知ですか?「アートの魅力を多くの人に知ってほしい」そんな想いからアートを広める活動をしています。

熊内孝之の作品を手に入れる方法はコチラの記事をご覧ください。
  ↓↓

job-change
熊内孝之のアート×ビジネス会議
タイトルとURLをコピーしました