NFTアートとは?【今までのアート市場と異なる3つの特徴についてまとめました】

NFTアートとは?【今までのアート市場と異なる3つの特徴についてまとめました】art
「NFTアートって何?」
「今までのアートとNFTアートは何が違うの?」
新たなアート市場の一つとして誕生したNFTアート。

まだまだ知らない人が多いこの市場について
今までのアート市場と異なる3つの特徴についてまとめてみました。

NFTアートとは?【今までのアート市場と異なる3つの特徴についてまとめてみました】

『NFTアートは業界に新たな市場を生み出す存在です』

NFT(non-fungible token」は「非代替トークン」とも呼ばれ
デジタルコンテンツであっても所有者を確実に特定できる技術として
注目を集めています。

非代替トークン化することによって
そのコンテンツを所有しているという証明ができるようになり
複製することができない唯一無二の存在として
固有性と正当性が生まれるものとなります。

そんなNFTは今までのアート市場と大きく異なる特徴が3つあり
その一つ一つについて詳しく解説していきます。

◆参入障壁が低い

『NFTは誰でもどこでも取引できるプラットフォームです』

今までのアート市場は、ギャラリーや企業との関係性を重視している場合も多く
オープンなようでオープンではない環境でした。

それがインターネットで世界中と繋がれる環境の中で
固有性と正当性を持った作品を
誰でも出品することができ
誰でも購入することができる事から
参入障壁が低く、新たな市場として確立する可能性を秘めています。

◆投資家が注目している

『NFTアートは投資の対象としても注目を集めています』

まだまだ新しい技術で、世界中に認知されはじめたばかりのNFTアートは
今後さらに価値を高めていくことが予想されています。

価値を証明できる確かな環境は
今後伸びていく可能性が高いと判断する投資家も多く
アート市場全体を変えるかもしれない未来に期待を寄せています。

アーティストならびアート市場の発展が
大きな利益を生むNFTは
世界中の共通言語として既に認知されている事も大きな要因です。

◆アーティストを直接支援できる

『オンライン上で直接アーティストの作品を購入できる事は画期的』

ギャラリーや企業が主催する展覧会などに行かなくても
オンライン上で誰でも購入できる環境は
アーティストを直接支援できる環境でもあります。

アーティストは多額な手数料を払わなくても
少額な手数料で作品を届けることができるので
今までの収益構造が大きく変わることが予想されます。

また、作品が2次的に利用される(再度販売される)ことがあった場合
その時のマージンをアーティストは
受け取ることが出来る仕組みもあります。

1度売ったら終わり…
という訳ではなく
1つの作品でも売れれ続ければ
永遠に手数料が入ってくるようになるのです。

もちろんデジタル作品ではなく
現物を求める人がいなくなることはないので
両軸で活動できるようになる分
活動自体の幅が広がることは間違いないでしょう。
NFTアートが本当に売れるのか心配…という方は
こちらの記事も参考にしてみてください。
↓↓
「NFTアートは売れるのか?
【ただ出品するだけでは売れないデジタルアートの現状】」

NFTアート市場はまだまだ発展途上

『NFTアートの価値は上がり続けます』

理由は3つ
・複製ができないオリジナル作品を所有している証明ができる
・世界中の投資家が注目している
・アーティストにとってのメリットも大きい

以上の理由から
作品と届ける側と受け取る側にとって大きなメリットがあります。

まだまだ新しい仕組みから
法の整備ができていない状況ではありますが
これからの時代の流れと双方のメリットを考えると
NFTアート市場はこれから伸び続けていくことは
ほぼ間違いないと言っていいと思います。

投資を考えている人
アーティストとして活動している人は
NFTアートを一つの手段として活動することをおすすめします。
NFTアートの始め方について知りたい方は
NFTアートの始め方
【初心者向けに作り方から販売方法まで画像でわかりやすく解説】
コチラの記事で詳しく解説しています。

【期間限定】オシャレなアートパネルを無料でプレゼント

かわいくて飾りやすい縁起の良いアートパネルを期間限定で無料プレゼントしています。

・アートの効果:免疫力アップ、創造力アップ、運気アップ、精神力アップ、仕事力アップ…etc

アートにはさまざまな効果がある事をご存知ですか?
「アートの魅力を多くの人に知ってほしい」そんな想いからアートを広める活動をしています。

無料でアートパネルを手に入れる方法はコチラの記事をご覧ください。
  ↓↓

art
熊内孝之のアート×ビジネス会議
タイトルとURLをコピーしました