NFTは売れなくて当然【日本で浸透するまで2年はかかる】

191.NFTは売れなくて当然【日本で浸透するまで2年はかかる】art
「NFTアートを作って販売してみたけど全然売れない…」

「NFTバブルってもう過ぎたの?」
こんな悩みを抱えている人はまだ少ないかもしれません。

この記事はNFTアートを作成してみたはいいものの
まったく反応がなくて心配している人の為の記事です。

NFTは売れなくて当然

NFTは売れなくて当然
『今の日本では需要が圧倒的に足りていません』

海外では当たり前のNFTでも
日本では知らない人がほとんど。

そんな中でNFTアートを作って販売しても
売れないのは当然で、何も心配する必要はありません。

「OpenSeaってなに?」という人が圧倒的多数です。
かと言って、海外に発信できるほどの英語力を持っている人もほとんどいません。

つまり、すでに海外でバブルが過ぎ去った今
日本でNFTを販売するのは至難の業なのです。

◆自分の周りにNFTを持っている人は何人いますか?

『NFTという言葉がまず通じません』

NFTを所有している人が周りにいれば
それは奇跡に誓いと思ってください。

おそらく日本人口の0.1割も持っていないと思います。

僕のまわりにも「NFTって何?」という人がほとんどで
知っているという人でも持っている人は0人です。

まずは、そうした現状であるということを理解して
認識していなければなりません。

◆需要がなければ供給しても意味がありません

『知っている人がいない=売れない』

需要が少ないということは
どれだけ「素晴らしいもの」「クオリティが高いもの」を
販売しても売れることはないという事です。

逆に砂漠で水を売れば
1万円出してでも欲しいという人はたくさんいます。

需要というのはそういうものです。

だから、今海外で当たり前になりつつあるNFTも
日本ではまだまだ浸透していない状況で
売ろうとしても売る人が極端に少ない為
どれだけ高くても安くても売れる確率はとても低いと思ってください。

NFTは日本で浸透するまで最低2年はかかる

NFTは日本で浸透するまで最低2年はかかる
『海外のブームは2~3年遅れて日本にやってきます』

今までの傾向を見ても
海外で流行したものは、だいたい2~3年遅れて日本で流行る為
昨年がNFT元年と言われていることから
だいたい2024年~2025年くらいに日本では
NFTを所有する人が増えていくと考えられます。

だからと言って「今動いても意味がない」ということでなく
今のうちからNFTという資産を増やしておくことが必要です。

流行ってから動くのでは遅く
今のうちから
「NFTについて詳しい人」
もしくは
「NFTを多く販売している人」
と思ってもらえるように情報発信をしてくことと

NFTの資産を増やしておくことに力を注いておけば
いざ流行った時にスタートダッシュをきることができ
NFTアート界で名前をあげることも可能となります。

だから、今売れなくて焦っている人も諦めてしまっている人も
まだまだチャンスはこれからだと思って行動していくことが大切です。
【期間限定】オシャレなアートパネルを無料でプレゼント

かわいくて飾りやすい縁起の良いアートパネルを期間限定で無料プレゼントしています。

・アートの効果:免疫力アップ、創造力アップ、運気アップ、精神力アップ、仕事力アップ…etc

アートにはさまざまな効果がある事をご存知ですか?
「アートの魅力を多くの人に知ってほしい」そんな想いからアートを広める活動をしています。

無料でアートパネルを手に入れる方法はコチラの記事をご覧ください。
  ↓↓

art
熊内孝之のアート×ビジネス会議
タイトルとURLをコピーしました