NFTアートの投資方法【ノーリスクで投資できるエアドロップを狙え】

NFTアートの投資方法【ノーリスクで投資できるエアドロップを狙え】art
「NFTアート投資ってなに?」
「NFTアートってどうやって手に入れたらいいの?」
NFTアートは芸術家にとって新たな市場となりました。

海外では一攫千金を狙って
安いNFTアートを購入して高値で転売している投資家も多く
今後日本でもそのような動きが出てくることが予想されます。

この記事では、そんなNFTアートの投資について
初心者向けに誰でも分かりやすく解説していきたいと思います。

※そもそもNFTってなに?という方はコチラの記事をご覧ください。
『NFTアートとは?【今までのアート市場と異なる3つの特徴についてまとめました】

NFTアートの投資方法

『NFTアート市場はこれから確実に伸びていきます』

なぜなら、海外ではすでにバブルが終わり
NFTという言葉が当たり前になっているからです。

どの市場でもそうですが
海外で流行したものは2~3年くらい遅れて
日本に入ってきます。

先進国である日本で
NFTが流行らないことは考えられません。

そんな今の状況だからこそ
2022年に向けてNFTアートの投資を
いち早く行っていることで
先行者利益を得ることが出来るようになります。

◆無料のNFTが数千万の価値に!?

『最も価値のあるNFTはCryptoPunks(クリプトパンクス)』

NFTを語る上ではずせないのがCryptoPunks(クリプトパンクス)です。
ただの人の顔のドット絵に見えますが
数千万~億を超える価値がついています。

信じられないですよね…。

しかも2017年には無料で配布されていたとのこと。

その時に手に入れて今も持っている人は
それだけで億万長者になっているということです。

まさに先行者利益。

どんな市場でも、最初に出た作品には価値がつきますが
NFTに関しては金額がバグっている気もします。

その他にも、ツイッターCEOのジャック・ドーシーの
ツイートが数千万円で落札されたり
マクドナルドやコカコーラなどの企業もNFTに参入し
数千万円~数億円のNFTを市場に出しています。

まさに今は世界中でNFTバブル状態であり
この波に乗らない理由はありません。

◆日本人が加賀はこれからNFTに参入する

『日本のバブルはこれからやってきます』

まだ日本ではNFTに片足すら突っ込んでいない状態。

つい最近、世界的アーティストの村上隆氏も
NFTへ参入しようとしていましたが
一旦見送りをしてしまった為
日本人アーティストもそれほど多くの人は参入していません。

だから、今数少ないNFTマーケットプレイスで
販売されている日本の作品を
安く手に入れるチャンスであり
それが後々に高騰すれば大きく利益を得られる環境だということです。

コインチェックNFTなども少しずつ作品が増えていますが
まだまだ少なく数百円~数千円で手に入れられるものも多々あるので
遊び感覚でコレクションを増やしていくのも面白いかもしれません。

とにかく今はNFTに触れてみるという体験をすることが
知識を増やし、資産を増やしていく事に繋がると言えます。

ノーリスクで投資できるエアドロップを狙え

『無料エアドロップは毎週のように発表されています』

マクドナルド初となるNFTは抽選で無料で10名にプレゼントされたり
イーサモンというポケモンのパクリのようなNFTも抽選で配っています。

有名どころのNFTとなると
1年後2年後とかに価格が急騰するのではなく
手に入れた直後から数十万~数千万円の価値になります。

宝くじを買うより現実的に億万長者になれるチャンスです。

今はこのように有名な起業やキャラクターがNFTとなって
エアドロップされていますが
今後はNFTアート市場でも同じようなことが起こると考えています。

無料で配られたアートが転売を繰り返して
数十万の価値となり、アーティストへと還元されていく。

購入者側も販売して利益を得られる仕組みは
投資家やアーティスト側からしてもメリットでしかありません。

今のうちからアンテナを張って
NFTアートをコツコツと集めておくと
思わぬところでお宝に遭遇できるかもしれないですね。
【期間限定】オシャレなアートパネルを無料でプレゼント

かわいくて飾りやすい縁起の良いアートパネルを期間限定で無料プレゼントしています。

・アートの効果:免疫力アップ、創造力アップ、運気アップ、精神力アップ、仕事力アップ…etc

アートにはさまざまな効果がある事をご存知ですか?
「アートの魅力を多くの人に知ってほしい」そんな想いからアートを広める活動をしています。

無料でアートパネルを手に入れる方法はコチラの記事をご覧ください。
  ↓↓

art
熊内孝之のアート×ビジネス会議
タイトルとURLをコピーしました