芸術家に最大2500万円給付!!【文化芸術活動への緊急総合支援パッケージとは】

芸術家に最大2500万円給付!!【文化芸術活動への緊急総合支援パッケージとは】art
「文化芸術活動への
緊急総合支援パッケージってなに?」
「持続化給付金とか
特別定額給付金とは別にもらえるの?」
コロナによって芸術家としての活動ができなくなってしまった方も多いと思いますが
そんな方にとって嬉しい新たな支援制度が発表されました。

それが文化芸術活動緊急総合支援パッケージです。

本記事ではその内容について詳しく解説していきます。

芸術家に最大2500万円給付!!【文化芸術活動への緊急総合支援パッケージとは】

芸術家に最大2500万円給付!!【文化芸術活動への緊急総合支援パッケージとは】
『このパッケージは芸術、芸能文化関係、スポーツ関係のみの特別な給付金です』


なので、小売業や製造業などの文化芸術活動をしていない業種は対象外となります。

そしてそれは個人であれば最大150万円、団体だと2500万円支援されます。
しかも「持続化給付金」や「特別定額給付金」とは別です。

文化庁からは今回のコロナによって自粛を余儀なくされた芸術関係者が
今後感染対策を行いながらも活動に向けた準備を進めなければならないという事から
「課題克服」「継続活動」に向け必要な経費を払い
文化芸術の振興を図ると発表がありました。


実際に劇場で開催する文化芸術関係はすべてキャンセルとなり
スポーツなどで言うと野球なども人がまったく来ないといった状況となった事から
こうした対策が打ち出されたのではないかと思います。

支援の概要について簡単に説明していきます。

◆標準的な取り組みを行うフリーランス向け【活動継続・技能向上等支援A】

対象①【20万円】:プロのフリーランスの実演家だけでなく技術スタッフまでも下記を目的に支給してくれます。
⇒練習をする為の場所の確保
⇒技術をアップさせる為の経費(研修資料、調査、製作などの準備にかかるお金のこと)


対象②【150万円】:対象①よりも活動の範囲を広げるフリーランス等向け
⇒対象①の時組にプラスして動画収録や配信などの活動発信など
 これからさらに活動を広げていこうとしている場合に支給してくれます。

◆団体向けの支援制度【活動継続・技能向上等支援B】

対象①【150~1500万円】:フリーランス等が連携して小規模団体の活動を支援してくれます。
⇒公演や動画配信、広報コンテンツの作成、練習をする為の活動に必要な経費


対象②【150~2500万円】:中・大規模団体に向けて大きな活動を支援してくれます。
⇒市場開拓や事業構造改革の取組、体験コンテンツの開発などに必要な経費


ざっくりとなりますが以上のような内容の支援が受けられるようになりました。
より詳しい内容については
コチラの文化庁のウェブサイト「文化芸術関係者への支援」をご覧ください。

芸術家向けの支援パッケージを利用して活動再開を加速させる

芸術家向けの支援パッケージを利用して活動再開を加速させる
『コロナで少しでも影響を受けた方は申請するべきです』


実際に文化芸術・スポーツ関係団体に特化したことによって
業種を限定していますので
賛否両論ある対策として見られていますが
実際に芸術活動している人達からするとありがたい話だと思います。

海外に比べると税制が整っていなかったり、
活動環境が厳しい日本国内で活動が限られた人しかできない職種もある中で
こうした取り組みが政府から発表されること事態が
芸術業界からすると一歩前に進めたような感じがします。

基本的にはコロナによって感染防止の為に大きく収益が減ってしまったり
活動再開に向けて資金が必要とした人に対しての支援策となっている為
影響を受けていない個人や団体は給付金を受け取る事ができません。

ただ、今回の自粛によって大きなダメージを受けた人はたくさんいると思いますので
こうした制度を上手く利用して
活動を続けていき芸術の発展へと繋げていければと思います。
熊内孝之の作品購入をお考えの方はこちら

かわいくて飾りやすい縁起の良いアートパネルを期間限定で無料プレゼントします。

・アートの効果:免疫力アップ、創造力アップ、運気アップ、精神力アップ、仕事力アップ…etc

アートにはさまざまな効果がある事をご存知ですか?「アートの魅力を多くの人に知ってほしい」そんな想いからアートを広める活動をしています。

熊内孝之の作品を手に入れる方法はコチラの記事をご覧ください。
  ↓↓

art
熊内孝之のアート×ビジネス会議
タイトルとURLをコピーしました