NFTアートの90%はゴミになる【過去作品を並べているだけのあなたへ】

NFTアートの90%はゴミになる【過去作品を並べているだけのあなたへ】art
「NFTアートを売る為にたくさん作品を並べよう」
「過去作品がたくさんあるから、アップしたら売れるかな?」
クリエイターにとって新たな市場となるNFT。

これをチャンスとして行動する人と
危険だと思って待つ人とでは
5年後10年後の未来は大きく変わってくると思います。

だからと言って、行動したから上手くいく…
なんてイージーゲームは人生にはありません。

じゃあ、どうすれば上手くいくのか?
行動すべき理由は何なのかについて
この記事では詳しく解説していきます。

NFTアートの90%はゴミになる【過去作品を並べているだけのあなたへ】

NFTアートの90%はゴミになる【過去作品を並べているだけのあなたへ】
『NFTバブルだから何でも売れるわけではありません』

本当の本当に初期の頃のように
作品をアップすれば売れる時代はすでに終了していて
なんでもかんでも売れると思っているのであれば大間違いです。

試しに作品を一つでもアップしてみてください。

すでに市場が確立している中
突出した存在になることはかなり難しいと言えるでしょう。

このような背景から
NFTアートの90%はゴミになる根拠について説明していきます。

◆どんな市場でも90%はゴミコンテンツ

『上位10%が市場の90%を動かしています』

これはNFT市場だけでなく
どのような市場においても当てはまります。

YOUTUBEが良い例ですね。

人気ユーチューバーとして
広告費で生計を立てている人は
上位10%くらいしかいないと思います。

その他のユーチューバーは
無益な情報を流しているか
有益な情報を流していても
誰の目にも触れられない環境にあるか
そのどちらかでしょう。

これと同じように
売れる人は作品をアップする度に即完売するし
売れない人はどれだけ作品をアップしても見向きもされません。

90%はゴミというのは言い過ぎでしたが
存在を知られていなければ
この世に存在していないことと同等なので
まずはその現実と向き合う必要があります。

◆戦略を立てなければ行動したことにならない

「戦略を立てる=行動したことになる」

NFTマーケットではコレクションという
あなた独自の世界観の作る必要があります。

その世界観に人は引き込まれ、魅力を感じ
将来的に価値が上がると思って購入してくれます。

その作品を手に入れることで
どんなメリットがあるのかを明確にして
次回作や継続的に価値が上がる戦略を立てて
ようやくスタートラインに立てるのです。

一つ例を出すと
NFTで売れている作品の90%はスクエア型(正方形)です。
また、統一感があるので
誰が見ても○○さんの作品とわかるようになっています。

新作を出した時も
過去作との関連性があることで
初期に出した作品の価値が連動して上がるようにもなっています。

単純にキレイな作品や時間をかけた作品が
売れる世界ではないということです。

NFT市場はまだまだ発展途上

NFT市場はまだまだ発展途上
『NFTについて知らない人はたくさんいます』

海外では当たり前になっているNFT市場も
日本では「NFTってなに?」という人ばかり。

周りの人にNFTについて話そうものなら
宇宙人扱いされかねない状況。

だからこそ、日本はこれから伸びていくことは確実ですし
海外でもさらに市場を拡大していくことが予測されているので
今のうちから勉強してブロックチェーンや仮想通貨、NFTについて
知識を深めていくことで先の未来を歩く事ができます。

視野が広がれば行動が変わります。

行動が変われば人生が変わります。

クリエイターとしてもそうですが
これからの時代を生き抜く一人の人間として
大きく環境が変わろうとしているこのタイミングは
チャンスでしかありません。

このチャンスを生かすも殺すもあなた次第です。

まずはNFTについて知りたいという方は
こちらの記事で勉強してみてください。
↓↓
『NFTアートとは?【今までのアート市場と異なる3つの特徴についてまとめました】』
【期間限定】オシャレなアートパネルを無料でプレゼント

かわいくて飾りやすい縁起の良いアートパネルを期間限定で無料プレゼントしています。

・アートの効果:免疫力アップ、創造力アップ、運気アップ、精神力アップ、仕事力アップ…etc

アートにはさまざまな効果がある事をご存知ですか?
「アートの魅力を多くの人に知ってほしい」そんな想いからアートを広める活動をしています。

無料でアートパネルを手に入れる方法はコチラの記事をご覧ください。
  ↓↓

art
熊内孝之のアート×ビジネス会議
タイトルとURLをコピーしました